会社沿革

沿革

1972年 5月 金属プレス加工会社「東京金属工業株式会社」を資本金500万円にて
東京都大田区東蒲田に設立
1974年 5月 金属プレス金型製作部門を東京都大田区東蒲田に開設
1985年 9月    (設)ファナックワイヤーカット(TAPECUT-MODEL Q)を導入
   (設)ファナックNCテープ自動作成装置(SYSTEM P-MODEL G)を導入
1985年 10月    (設)ミツトヨ三次元測定機(A12E)を導入
1991年 5月 資本金1000万円に増資
1993年 5月    (設)ファナックワイヤーカット(TAPECUT-W3)を導入
   (設)森精機マシニングセンタ(MV-40)を導入
1998年 7月 東京都大田区京浜島工業団地に全面移転
   (設)アイダプレス150t・80t・45t 計8台を導入
   (設)オリイレベラーフィーダ・RYロボット4台を導入
2001年 3月    (設)ファナックワイヤーカット(ROBOCUT α-1iA)を導入
2004年 8月    (設)ファナックワイヤーカット(ROBOCUT α-1iC)を導入
2006年 3月 公益財団法人 大田区産業振興協会より「優工場」に認定取得